スタッフのヤル気を出して売上を伸ばしていきたい。

女性スタッフさんには数字を褒めるよりも、目標に向かいどんな努力をしていたのかをキチンと見守ってあげて、その直向きさや努力を認めるようにしてくださいね。男性と女性では【努力した後の誉めコトバ】の感覚、ちょっと違うんです。
みなさまこんにちは。
美容師コンサルタント 江利仁美(エリヒトミ)と申します。

 

 

今回の記事は昨日のブログの続きから

オーナー美容師さんが悩むスタッフ育成問題(離職問題)

オーナー美容師さんの悩み

 

(アンケート内容をブログやSNSに公開する事は事前に御本人の了承を得ております。)

【コンサルを受ける前はどのような事で悩んでいましたか?】

①お店の方向性

②スタッフ育成

③新メニュー展開

では今回はスタッフ育成新メニュー展開について。

オーナーさん、店長さんの悩みどころです

スタッフの売上をどうやって伸ばしていきたいか?

どうしたら本人にヤル気が起きるのか?

その辺のところを書きますね。

今回、売上を伸ばしてあげたいスタッフはA子さん、スタイリスト歴4年。A子さんの名前を安達さんと仮定して話します。

・安達さんは3歳の女の子(保育園児)ママ。

・出勤時間は10:00〜17:00

・土日祝日休み、(月19〜21日出勤)

【安達さんのお給料は18万。もっと売上が上がるなら売上の50%にしてあげたい。】とオーナーさん。

エリ

こういう相談はすごく楽しい!ワクワクする!

お子様を保育園に預けている間に、どうしたら安達さんが楽しく売上を上げることができるのか。

サロンのコンセプト、ターゲットカスタマーを元に、安達さんの好きなスタイル、得意な年代などを加味した上でオーナーさんに提案を。

「アシスタントだけでも売上が確立する〇〇を取り入れたメニューの提案」

ママという立場のデメリットを、全てメリットに変えて集客力を高める」

「隙間時間にできる発信方法」

こうやって新しいメニューを追加。サロンのスタッフさんが一丸となり勉強する事で、チームワークがより一層つよくなる。そして日々のモチベーションや自発的に取り組む行動にも繋がるんです!

結果、

スタッフの売上をどうやって伸ばしていきたいか?

どうしたら本人にヤル気が起きるのか?

が解決する。

私は、具体的にお伝えする事が得意です!

また、自分の頭の中を整理したいと言う理由で、ただただ話を聞いてほしいオーナーさんにも役に立ってるみたい。

【エリさん、独立しないの?】

よく言われます。私は独立する勇気も覚悟も今は持ち合わせていない。

だから、独立してるオーナーさんを尊敬してて、だからこそあなたの手助けをしたい。

わたしには、それができる唯一の美容師だと自負しているし、自信しかない。



最後までお読みいただきありがとうございました。