新撰組題材の幕末ミュージカル 狂宴哀歌 を観に行きました

今日は友人の舞台を見に行ったブログです。

みなさまこんにちは。
美容師コンサルタント 江利仁美(エリヒトミ)と申します。

 

狂宴哀歌

剣舞プロジェクトの新撰組題材の幕末ミュージカル「狂宴哀歌」
を観劇してきました。

友人である齋藤ヤスカ氏(伊東甲子太郎役)の舞台を観たのは、実は初めてでした。

この【狂宴哀歌】は新撰組を題材にしたミュージカルです。

エリ

始まる前は、弟の舞台を見守る姉の様な気持ちで、私も少し緊張してました。

場所は光が丘にあるIMAホール。

決して大きいとはいえないホールでしたが、だからこそ舞台が近く感じられてリアルでした。

狂宴哀歌を見終わった感想

後ろの方の席でしたが、この舞台は最初から最後まで物凄い迫力がありました。ミュージカルの醍醐味、舞台セット、歌、音楽、照明、音響。そして殺陣(たて)の迫力と場のテンポ。

豪華絢爛な衣装もあり舞台が始まった瞬間から引き込まれて魅了されました。

3時間(途中休憩15分)もある作品だったのですが体感時間はずっとずっと短かったです。

まっすぐな生き方、生命力、そして終わり方。

感動しました。ほんとに素晴らしかったです。

明日千秋楽だそう。

エリ

明日まで精一杯頑張って!

本当に楽しかったです!圧巻!ヤスカ本当にありがとう今日はお疲れ様でした!

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

毎週配信しているFacebookライブ動画はこちらから。

美容師さん、美容師オーナーさんの無料相談もやってます。