美容師さんの離職理由「お給料が安い」を解決したい

甘いドーナツが好きなエリです。
バレンタインまってます。
みなさまこんにちは。
美容師コンサルタント 江利仁美(エリヒトミ)と申します。

 

今回は

美容師の離職理由 「お給料が安い」

を解決したい。

さて、男性に「年収どのくらいですか?」と聞くのと、女性に「(年齢)いくつですか?」と聞くのって、聞かれた方は同じくらいプライドが傷つくのだそうです。

エリ

良い子の皆さんは真似しないようにね。

運命を変えた店長のお給料

26歳の頃、勤めていた美容室の先輩が何気なく言った。

「〇〇店の店長って、お給料35万円らしいよ。」

その場にいた他の先輩でさえ『え?安っっ!!』って。

一般的な美容師さんは拘束時間が長い。ほぼ毎日練習してるし、朝9時〜遅い日は終電間際まで美容室にいる。そして休みも少ないよね。

それなのに?あんなに時間費やしてるのに。

なんだか報われない。

世の中の美容師さん働き過ぎだにゃー

ペコ

その時に他店舗店長のお給料を聞いた私も先輩も2年以内にそのサロンを辞めて、自身のステップアップの為に他の美容室へ移る事になる。

美容室も個人もステップアップしていく時代

美容学生が美容室を選ぶ時に社保完備は当たり前の時代。もっと美容師さんのお給料を上げる為にオーナーさんは決める事があるんじゃないかなぁー?

オーナーさん達の相談内容として言われるのが

【料金改正】のタイミングがわからない。

毎日のように勉強し技術を磨く。その美容室でお客様の支持が増えていく。だけど5年後も10年後もあなたのカット料金って変わらないのですか?

タイミングで悩んでいるオーナーさん、

今がそのタイミングです。



最後までお読みいただきありがとうございました。